ページトップへ

ブログ

5月半ばというのに、京都は熱いです。

昨日は30℃を超えようかという熱さの中、京都モデルハウスの上棟時現場確認をしました。

構造チェック・電気及び設備関係のチェックなど大切な打合せです。

外は熱いのですが、建物の中はまだ断熱工事前というのにヒンヤリとしています。

特に2階は一般的な住宅だと熱さがこもり不快ですが、さすが0宣言の家は違います。

自然素材のみで作られた空間で湿度の調整をしてくれて快適なのと、屋根の遮熱材(ヒートバリアボード)が威力を発揮し熱が遮断されている効果です。

5月20・21日は、京都と金沢の2会場で構造現場見学会を開催します。

0宣言の家と他の健康住宅との違いは、見えないとこまで自然素材に拘っている事や、4つの断熱仕様(クアトロ断熱)

です。

実際に目で見て、体感される事でより理解が深まります。

住宅選びをするうえで、大変勉強になるイベントです。

是非ともご参加下さいね。

 

記事一覧

  • 1 /
  • 2 /
  • 3 /
  • 4 /
  • 5 /
  • 6 /

1ページ (全18ページ中)