ページトップへ

ブログ

昨日、岐阜で「住医学研究会」の技術委員会がありました。

全国から、同志が集まっての勉強会です。
 
会議の中で「0宣言の家」に住まわているオーナー様の声が報告されました。
・奥様が化学物質に過敏で、お子様にも安心して暮らせるように0宣言の家を選びましたが、奥様もお子様も大変体調良く暮らしています。
・熊本地震の時に震度34でしたが、2階にいたけどほとんど揺れを感じませんでしたので、安心して暮らせます。
・冬場外の気温が-5度であった日も、室内温度は10度あり本当に暖かい家で快適に暮らしています。
・ハウスメーカーで建てた友人が遊びに来られた、家の性能が全く違うと言われて、とても自慢に思いました。
 
などなど、様々な声が届いています。
 
0宣言の家は、
「構造」・・ダブル配筋のべた基礎・免振構造
「快適性」・・クアトロ断熱
「安全・安心」・・自然素材(0宣言)
この3つの柱を徹底的に本物を追及した家です。
そして、なにより結果として住まわれるオーナー様が安心して健康に暮らせることが、0宣言の家の素晴らしさです。

記事一覧 | 2016年6月