ページトップへ

メディア情報

リード・アーキテクトの考える本当の注文住宅とは?

そもそも注文住宅とはどんな住宅なのでしょうか?
ハウスメーカーのフリープランのことでしょうか?
建築家と言われる方の設計した住宅のことなのでしょうか?
自分で描いた設計図をもとに工務店が建てた住宅のことでしょうか?

建築家と言われる方の設計した住宅のことなのでしょうか?
自分で描いた設計図をもとに工務店が建てた住宅のことでしょうか?
自分で描いた設計図をもとに工務店が建てた住宅のことでしょうか?

いいえ、このいずれでもありません。
もともと本来の建築は全て注文住宅なのです。

施主から依頼を受けて建物を建てる。

その依頼された内容こそが注文住宅の注文なのです。

建築には、余程のことが無い限り不可能はありません。
時間とお金さえあれば何でもできます。
だから、贅を尽くした豪華な建物も注文建築ですし、逆に極端に安く作った建物も注文建築なのです。
つまり本来の建築と言うものは、全て注文建築であったはずなのです。

いつの頃からか、注文建築やフリー設計などと言う呼び方をされ、一般の建築より高級であるかのように言われていますが、それは意図的に作り上げられたイメージやスタイルなのです。
現在ハウスメーカーと呼ばれている企業が、生産効率を上げるために開発した規格住宅(プレハブ住宅)を一般化させ、それ以外の建築をフリー設計や注文建築として区別したことが大きな原因の一つです。
しかもそのフリープランでさえ様々な条件や制約がありどの部分がフリーなのか疑いたくなるようなものです。
建てる側(ハウスメーカー)の都合に合わせ建物を作るなんて本来の建築ではありません。

施主の条件がそれぞれ違うのに同じような企画で作られた建物に住んで本当に満足が得られるのでしょうか?

建てる側のルールを当たり前に思ってしまい低い次元で満足と勘違いさせられているのではないでしょうか?

私たちにリード・アーキテクトの建物は現在では注文住宅と呼ばれるスタイルですが特に意識はしていません。それが私たちにとって普段の仕事だからです。
依頼していただける施主様の立場に立って最後まで施主様のためにできる限りのことを尽くす。
これがリードのスタイルです。
お客様に初めてお会いして納得していただけるものができるまで1年以上かかるケースもよくあります。
納得できる建物を作り上げること、それは素晴らしいひとつの物語になります。

私たちリード・アーキテクトは施主様と一緒にオンリーワンの物語を作っていきたいと思っています。

メディア情報

トピックス