ページトップへ

ボードディフェンス(シロアリ対策)

ボードディフェンス(シロアリ対策)

シロアリとその被害

「シロアリ」は体長わずか数ミリの昆虫。主に地下に巣を作って生活をします。

ミツバチやアリと同じように、高度に組織された集団(コロニー)を形成して生活している社会性昆虫です。

シロアリが生きていくには、「湿気」「木材などのエサ」「温度が安定している環境」が必要です。したがって、水を使用する浴室・台所・洗面所・トイレ、また、風通しが悪く湿気の多い床下等での被害が多くなります。

またシロアリは、コンクリートや新建材にも蟻道(ぎどう)というシロアリが通るためのトンネルを作るため穴を開けますので、鉄筋コンクリートの住宅でも、わずかなひび割れから侵入していきます。

家を支えるために重要な柱・土台などの木材は、壁の中や床下など、完成後は見えなくなってしまう部分です。その柱・土台がシロアリの被害にあい、最悪の場合は建て替えが必要になってしまうというケースも少なくありません。


ホウ酸処理剤:ボードディフェンス

今までの防蟻防腐剤は、殺虫成分が揮発して、シロアリや腐朽菌を攻撃するものが一般的。

しかも殺虫成分が時間と共に揮発して飛んでしまうので、効果は最大5年と短期間で無くなります。

また、殺虫成分が居住空間に入りこむことは、シックハウスに繋がります。 これらを解消する薬剤が揮発しない無機物「ホウ酸塩」です。

素早く木材に浸透し害虫や菌による劣化から守り、揮発しないので効果が持続し、 空気も汚さないのでシックハウスの心配がありません。