ページトップへ

ゼロ宣言の家

リード・アーキテクトの家ってどんな家?

 

①断熱性能×②調湿性能×③天然素材=本物の健康住宅

リード・アーキテクトでは健康になる家づくりを推進するために集まった医師や学者により設立された住医学研究会と共に、住む人の自然治癒力を高め、健康になることができる家づくりをしております。

健康に密接に関係する、家の断熱性能・調湿性能そして天然素材を使用することに重点を置いた家づくりはゼロ宣言の家とよばれ、本物の健康住宅として近畿、北陸、愛知県・三重県・和歌山県にて展開しております。健康住宅としてのエビデンス(科学的根拠)をすべて公開しておりますので、数ある自然素材住宅とは一線を画しており、安心安全なお家を提供いたしております。

また天然素材を中心とした家づくりは将来的なノーメンテナンスを可能にし、資産価値が下がらない100年以上住み続けることができる家なのです。

住医学研究会メンバー                          

住医学研究会ホームページ(クリック)

 

①断熱性能の大切さについて 

 

●ゼロ宣言の家断熱性能について

                      

ヒートショックをなくし快適な室内環境を実現

ゼロ宣言の家の断熱性能は次世代エネルギー基準の1.5倍の断熱値を出しており、ヒートショックの心配はありません。
また、内部結露の発生を抑えることで、建物の耐久性を高め、住宅の長寿命化を実現しております。
アトピーの原因とされるカビ・ダニを軽減し、健康的な住まいにします。さらに、内部の壁面温度のムラを少なくし、快適な室内環境をつくります。

また、ヒートブリッジ減少(断熱材の切れ目に存在する柱などが熱を伝える現象)による熱損失が少なく、冷暖房効果が大幅に向上します。

 

②調湿機能について

 

 

 

ゼロ宣言の家と大手ハウスメーカーとの比較について

 

ゼロ宣言の家に使う建材部材は、大手メーカーのものとは大きく異なります。
健康を第一に考え、天然素材のみを使用することで、安心安全をお届けしています。