ページトップへ

ゼロ宣言ってなに?

ゼロ宣言とは

 

ゼロ宣言とは使わない勇気のこと

ゼロ宣言とは長持ちしない建材や健康に悪い建材を徹底的に排除した家づくりをするという
リード・アーキテクトの誓いです。

「国が認めた基準だから安心!」「大手メーカーなら、間違いない!」
家を建てる時、誰しも自然にそんな常識を信じているものです。事実、私たちプロでさえ、ずっとそうだったのです。

しかし、私たちが、本当に良い家を追求していくうちに、次々と疑問が湧いてきたのです。「家を長持ちさせるには、この建材ではダメだ!」「健康を考えたら、この建材は使えない!」。

例えばシックハウスが社会問題化した2003年に、国はホルムアルデヒドの放散量の基準値を決め、規制しました。しかし一部の化学物質しか規制されていない非常に甘い基準なのです。

厚生労働省が人体に悪影響を及ぼすと指定している有害物質は13種類もあるのになぜか国土交通省で規制したのは、ホルムアルデヒドとクロルビリホスの2種類だけです。残りの11種類は規制されていないため、国の基準で最高レベルとされるフォースター(F☆☆☆☆)の建材にも人体に危険な化学物質が含まれている可能性が高いのです。

国の基準に合わせていては、私たちが考える本当に良い家は、建てられないという事実に突き当たったのです。

本当に良い家を徹底的に追及して誕生した「0宣言」

私たちは、そんな事実を前に、”0宣言”という決断を下しました。もう自分たちで良い家の基準をつくるしかないと考えたのです。

長持ちしない建材や健康に悪い建材を徹底的に排除して、より多くの人が手にできる家づくり。現在の住宅業界で、これを実現するのは、無謀な挑戦といっても過言ではありません。それでも、いままで実績と経験を積み重ねてきた私たちならできる、いや私たちにしかできないとさえ思えたのです。

これからの日本の家は、自分たちが変えていく。いまから”0宣言”を知っていただくほど、きっと「この家なら!」と思っていただけると確信しています。

 

ゼロ宣言の家づくり

「ゼロ宣言」とは、合板や集成材や木工ボンドなどの長持ちしない建材や、健康に悪い建材を排除した家づくりをするという私たちの誓いです。

プロとして、知ってしまったからには、家に住む人が不利な事は出来るだけ排除した家づくりを正直にやっていこうというのが0宣言の家づくりです。

 

合板ゼロ

合板には化学物質が多量に入った接着剤が使われており、接着剤に含まれるVOC(揮発性有機化合物)が、たとえ低レベルでも人体に悪影響を及ぼすと考えられています。また、湿気や紫外線に弱く、床がベコベコになってしまうなど、耐久性に問題があります。

集成材ゼロ

接着剤が大量に使われている問題はもとより、構造集成材に使われているのは主に北欧の乾燥地域で育った樹木が多く、強度がなく、腐りやすいと言われています。さらに、湿度の高い日本では、シロアリなどに攻撃されやすいなど、耐久性にも疑問があります。

サイディングゼロ

一般的なサイディングは家全体で3~4トン(外壁面積200㎡)の重量がかかるため、軽微な揺れでも家全体に大きな負担がかかり、割れ・ゆがみなどの現象が起き、雨漏りや劣化の原因になっています。大きな地震では、ひび割れや脱落の危険もあります。

ビニールクロスゼロ

ビニールクロスは安価で色・柄の種類も多く選ぶ楽しさがありますが、空気や湿度を通さない欠点があります。すると、防カビ剤・防腐剤など、クロスに含まれる有害物質が室内に充満してしまいます。壁内が蒸れて、構造体を腐らせる原因にもなります。

木工ボンドゼロ

木工ボンドは建築現場で一般的に使用されています。しかし、主原料は酢酸ビニル樹脂エマルションという化学物質。水分の蒸発とともに木工ボンドが固まる際、水分と一緒に化学物質が放出され、室内の空気汚染の原因となります。

 防虫畳ゼロ

 一般住宅の畳のほとんどは、化学畳です。防虫処理に使用される薬剤は規制されておらず、青畳の色合いも、化学染料で着色されているものが少なくありません。また、畳表だけでなく、内部にもスタイロなどの石油製品が使われているものがほとんどです。

 IHヒーターゼロ

WHO(世界保健機関)IARC(国際がん研究機関)は、電磁波を発がんリスク「2B(がん発生の可能性あり)」と格付け。IHクッキングヒーターからは家電の中で最も大量の電磁波が発生しています。私たちは、電磁波発生の非常に少ないラジエントヒーターを推奨しています。

 化繊カーテンゼロ

日本でカーテンといえば価格の安い化繊カーテンが主流。しかし、帯電性があるためホコリを吸着しやすく、開閉のたびにホコリが室内に舞う。また、汚れが落ちにくい=「不衛生」という欠点があります。私たちは天然繊維のリネンカーテンを推奨しています。

シロアリ駆除剤ゼロ

シロアリを防除する方法として、これまでは床下に防蟻剤を散布するのが一般的でした。しかし、数年ごとに散布する必要があり、根本的な防除法にはなりません。また、本当に住まい手の健康、環境を考えれば家の中に大量の薬剤を散布することはできません。

グラスウールゼロ

日本の住宅の寿命が短くなった最大の原因は、断熱材の施工不良による内部結露だと言われています。特にグラスウールは安易に壁に詰め込む間違った施工をしているので、解体現場で見ると、そのほとんどが内部結露で真っ黒にカビた状態になっています。

防虫防腐剤ゼロ

一般的に、土台や構造材には人体にとって有毒な薬剤が注入され、防虫防腐処理した材木が使用されています。この薬剤には化学物質も含まれ、経年変化で揮発し、室内へ侵入してくる場合もあります。特に小さいお子さんに対し、安全性に問題があるといえます。

化粧合板ドアゼロ

化粧合板ドアとは、合板の台板に木目調プリント板を貼ったもので、製造工程で木工ボンドや接着剤が使用されています。一部無垢材でつくられたドアもありますが、せっかくよい素材にもかかわらず、同じようにボンドが使われているケースがほとんどです。