ページトップへ

ゼロ宣言リフォーム

ゼロ宣言リフォームは医師も認める健康リフォームです

ゼロ宣言リフォームは、家の性能をアップし、自然素材を中心とした健康素材を使用し、
住環境を劇的に変えていくリフォームです。

医師にも認められた健康リフォームです。
住医学研究会の首都大学東京名誉教授の星旦二先生のご自宅も大手メーカーで建てられ
ましたが、ゼロ宣言リフォームで快適な暮らしをされております。→詳しくはこちら

 

家の性能をアップする高気密高断熱リフォーム

最近よく高気密高断熱という言葉を耳にする機会が増えましたね。
なぜ高気密高断熱の家がいいのでしょうか。
その答えは色々あります。

まず1つ目は、ご家族の健康の為です。
高気密高断熱の家は家中の温度差をほぼ一定にすることができるからです。冬場、各お部屋を暖めることができても廊下やトイレ、風呂場などはなかなかできないと思います。家の中できわめて大きな温度差が生じます。
寒い時期に入浴中の死亡事故が多いのは、その温度差が原因なのです。
高気密高断熱の家は家中をほぼ一定の温度にすることができるため、こうした事故を防ぐことができるのです。

そして2つ目は家の寿命(健康)の為です。
冬場になると結露に悩まされている方も多いと思います。
結露によるカビやダニの発生は健康にも直結してくる問題ですが、それと共に住宅もどんどん傷んでくるのです。
高気密高断熱にすると室内の温度と空気を外に漏らさず、また外の外気も中に入れない為、結露を押さえることが可能です。それにより家の寿命を伸ばすことができるのです。

そして3つ目は省エネ効果です。
高気密高断熱にすることで、冷暖房を押さえることができ、省エネ効果やエコ効果を得ることができるのです。

 

 

外断熱+内断熱+遮熱+調湿+(クアトロ断熱)

家の性能は断熱性・気密性で決まると言っても過言ではありません。
クアトロ断熱は、住宅内の快適さの常識を大きく変える断熱工法です。
冬の温かさはもちろん、夏にもエアコンに頼らない涼しさを与える呼吸する断熱工法で、高断熱を超えた超断熱工法と言えます。

外断熱、内断熱、調湿でトリプル断熱に外壁塗装のセレクトリフレックスが遮熱する事を加えるとクアトロ断熱になります。
また、外壁断熱材のネオポール自体にも遮熱効果があります。更に内装材のスペイン漆喰にも調湿効果があるので、その体感効果もアップします。

 

リード・アーキテクトの使用する断熱部材

外断熱材 ESPポート

上海万博や昭和基地にも使用されるほど、断熱性能に優れたドイツ生まれのEPSポート。耐久性や安全性にも優れ、外壁下地材としての機能を備えています。

弾性にも優れ、塗り壁のクラックや剥離を防ぎます。雨水は通さず空気は通すので、内部結露を防ぎ、シックハウスの原因となるカビ・ダニの発生要因を減少させます。

 

内断熱材 セルロースファイバー

セルロースファイバーは調湿・断熱・防音・離燃・防虫に優れた多機能断熱材です。特にその断熱効果はグラスウールにくらえ、4割も優れているという研究結果もあり、リード・アーキテクトの家づくりには欠かせない材料の一 つです。

また、音を吸収する小さい穴(多孔性)をもつので、バツグンの防音効果があります。

 

外壁遮熱塗料(セレクトリフレックス)

家の温度を左右しているのは、ほぼ射熱と呼ばれるものです。夏の暑さは内断熱材、外断熱材でもわずか35%しか防げません。
それに遮熱塗壁材を採用することで断熱効果を5割以上UPさせることができるのです。
リードの採用するセレクトリフレックスは塗るだけで表面温度を2~3℃削減させることができます。

 

リード・アーキテクトの考える健康リフォーム

リフォームを行う時、それぞれの部分に使用する建材や部材のことを真剣に考えたことはありますか?
リード・アーキテクトの新築は"ゼロ宣言の家"と呼ばれる、長持ちしない建材や健康に悪い建材を徹底的に排除した家づくりをしています。住み手に取って不利な物はできるだけ排除した家づくりです。
そこでリード・アーキテクトはリフォームにもこの考え方を取り入れています。
リフォームですので、新築同様とまではいかなくても、できるだけ健康に優しい自然素材をふんだんに使用したリフォームを行っております

 

漆喰

室内の壁には、自然素材100パーセントの「スペイン漆喰」を使っています。漆喰は古来より住まいに使われ続けてきた左官材です。

とても優れた調湿性があり、結露・カビ・ダニ・を防ぎ、脱臭効果もあります。
やわらかなコテムラが演出する風合いも魅力です。

 

無垢材フローリング

床、天井はすべて無垢の素材を採用しています。
使用する無垢材は杉(愛工房)・パイン材・ウォールナット等自然な色目が美しく、年を経るとともに飴色に変化し、より愛着も増してきます。

呼吸する無垢材は調湿性に優れ、木の香りや天然木のやさしい肌ざわりが魅力です。合板フローリングは一切使用していません。

 

無垢の建具

建具は家の表情を左右したり、部屋と部屋をつなぐ重要な建材の一つです。しかし一般的に使用されている建具は合板の表面に木目調などをプリントした化粧合板ドアや無垢材で作られたドアでも有害な物質が含まれた接着剤がつかわれているケースがほとんどです。
リードアーキテクトでは室内建具にも健康配慮と100年もつ素材にこだわり天然無垢材を使用したオリジナルドアを使用しています。塗料に関してもすべて自然由来のものしか使いません。

 

樹脂サッシ

アルミに比べ約4倍の断熱性能で夏は涼しく、冬は暖か。カビやダニの発生原因にもなる結露の発生を軽減します。

その高い断熱性・遮熱性によって冷暖房コストやco2を削減することができるエコロジー商品です。

 

自然素材ワックス

安全な自然のものにこだわっています。木の持つ調湿性を損なうことのない塗料を使用しています。

そして生体エネルギー技術を応用して作られた有害物質を発散することのない健康のりを使用します。