ページトップへ

お客様の声

  • カテゴリ別
  • すべて

体が喜ぶ空気に満ちた家が祖母と娘を救ってくれた

愛知県豊川市 W様

全国のゼロ宣言の家に住むお施主様にはいろいろな理由でゼロ宣言の家を選ばれた経緯があります。なぜゼロ宣言を選ばれたのか。そして実際に住まれての実感は等々、真実のお客様の声をご紹介してまいります。PART1は愛知県 豊川市にお住いのW様です。

体が喜ぶ空気に満ちた家が祖母と娘を救ってくれた

 
 
W様一家が暮らしていた築50年の家は断熱材が入っておらず、耐震性にも不安があったことから建て替えることに。

 10社以上のハウスメーカーと打ち合わせをしましたが、「なぜ24時半換気が必要なのか」「なぜ集成材を使うのか」といった質問をしても納得いく回答が得られず、不信感とともに最近のオール電化やスマートハウスなど機械に頼った家づくりにも疑問を感じていました。

 この疑問をどう解決して消化してよいかわからないものの、早く家を建て替えたいと思っていた頃新聞広告で「0宣言の家」のセミナー告知を見たW様、「振り出しに戻るつもりで勉強してみよう」とセミナーに参加。澤田氏の著書も読み、日本の家づくりの問題点が明確になったことでそれまでの疑問が解消されたのです。さらに「0宣言の家」の完成見学会に参加したところ、「玄関に入った瞬間、木の香りとサラサラした空気に包まれ体が喜んでいるように感じられました。」とW様は今まで感じたことのない心地よさに感動。

「0宣言の家」に建て替えることを決意しました。ところが、工事中に半年間仮住まいしたハウスメーカーの賃貸アパートで、シックハウス症候群のせいか娘さんの顔の皮膚が荒れてしまったのです。完成した新居に引っ越してから症状は治まったが、この経験からW様一家は新建材の恐ろしさを実感。もともと高かったお祖母様の血圧も下がり、家族みんなが病気らしい病気にかからなくなったそうです。

クアトロ断熱のおかげか、光熱費も大幅にダウン、「ずっと家で過ごしていたいほどです」
と奥様もおっしゃいます。「表面だけの自然素材の家ではなく、本当に健康に良く長寿命の
家に暮らせる私たちは幸せ」とW様一家は 「0宣言の家」で穏やかな毎日を送っています。