ページトップへ

お客様の声

  • カテゴリ別
  • すべて

機械に頼らない天然素材の家で笑顔になれる家づくりをともに

姫路市 G様邸

家は一生に一度の大きな買い物だけに後悔したくないもの。G様邸は、ご夫婦の表情を見れば一目瞭然。たくさん悩み、たくさん勉強してきた成果である家を前に、満面の笑みを浮かべながら私たちを出迎えてくれた。

国際結婚である2人が家づくりの中で最も関心を寄せたのは、“断熱”だった。「建築関係の仕事をしているため、真夏に屋根裏や2階で作業すると汗だくに」「私の国では冬は床暖房が当たり前。それがないと寒い日本では耐えられない」と声を揃える。ほかのハウスメーカーにも問い合わせたようだがすべてが機械任せ。完成した家の見学会に訪れたときも、防腐剤のにおいに1時間も居られなかったと話す。そこで、セルロースファイバーが施工できる工務店を探し求め、ようやく見つけたのが0宣言の家だった。

優れた調湿性と蓄熱効果を持つ自然素材のセルロースファイバー。それを中心にした厚さ17cmものクアトロ断熱のすごさに、ご主人は釘付けになった。実際、四季を通じて完成した家を訪ねては確信を得ていった。特に夏場の屋根裏の涼感は、予想外だったと話す。断熱はもちろん、夫妻と同じように、熱意を持って対処してくれた担当者への信頼が一番の決め手になったようだ。

ご主人のお気に入りは、家の中央に配されたインナーガレージ。パイン材の天井と壁面が、愛車を優しく包み込んでいる。

また、奥様は「1階すべてを見渡せるオープンな対面キッチン」と笑顔で話す。ラジエントヒーターが置かれたキッチンの壁面には、グリーンを基調にしたレトロなイメージのランタン形のモザイクスタイルを、インナーガレージとダイニングを仕切る壁面には、色のついたガラスブロックをあしらった。各部屋を灯す照明器具は、「施工会社から間接照明や調光のできるものを提案していただき、私たちの描いていた理想の部屋が実現できました」と奥さま。

住み始めてからの感想を伺うと奥さまは「ずっと乾燥肌で背中に疾患があったけれど、不思議なことに、ここに来てなくなった。適度な湿気が家全体を包み込んでいる成果化も」と言う。

さらに以前から使用していた加湿器の水が1ヶ月経っても減らない、とも。機械に頼らない自然素材100%の家を、機械が証明してくれたことに半信半疑のもやが晴れたようだった。